閉店・移転、情報の修正などの報告

ベトナム中部に位置するミーソン。かつて栄えたチャンパ王国の誇る聖域に足を踏み入れてみよう。世界遺産に指定されたミーソン遺跡。


こんにちは、ベトナムナビです。ベトナムの中部地方は世界遺産が集まっている地域として近年観光旅行客が絶えません。
今回ご紹介するミーソン遺跡はクンナム省ミーソンにある遺跡で、近年中部地方では6世紀から13世紀頃まで栄えたチャンパ王国の遺産が次々と発見されています。
そしてチャンパ王国の遺産としてその歴史的価値が認められ、1999年に世界遺産に登録されました。
場所はダナンから南へ約70キロ、同じく世界遺産のホイアンから南西へ約40キロに位置してますので、ツアーに参加して行くことをおすすめします。またホイアンを拠点にすれば、世界遺産を一度に二つ堪能することもできますよ。
それでは早速ミーソン遺跡のご紹介にあがりましょう!

歴史を学ぼう~チャンパ王国とミーソン遺跡~


チャンパ王国とは現在では少数民族となっているチャム族が築いた王朝と言われています。宗教は主にヒンドゥーシヴァ派ですが、それにとらわれることなく、インド文化を柔軟に取り入れてたとされています。
チャンパ王国が謳歌した時代は北ベトナムよりも高い技術力を持っていたと言われており、その理由は交易にあったと言われています。海沿いに王国を築いたチャンパ王国は中国やインド、オランダなどの欧米まで交易の手を広げ、レベルの高い建築技術を取り入れていたと考えられています。
また、このミーソン遺跡もフランス統治時代にフランス人に見つかる前は大自然に囲まれた森林でしかありませんでした。
現在では発掘作業も進み、徐々にチャンパの歴史も明るみになってはきているものの、まだまだ謎は残っています。

行く前の準備

ミーソン遺跡に赴く前に、チャンパ王国の歴史について、少しでも勉強していくと、面白さが倍増します。ただ遺跡群を眺めるのではなく、「チャンパ王国はどうしてヒンドゥー教なのかな?」とか、「ミーソン遺跡の建築技術はすごいなあ、さすがチャンパだ!」などと、歴史を踏まえて考えてみることをおすすめします。
チャム族やチャンパ王国にはまだ謎が多いので、ミーソン遺跡に当時を映して世界遺産を楽しんでください。
ミーソン遺跡から発掘された出土品はダナンの「チャム彫刻博物館」に展示されているので、時間に余裕のある方は、そちらの博物館で見学したあとに遺跡を訪れることをおすすめします。

ミーソン遺跡に向けて出発

ツアーで行く場合でも、個人で行く気合いの入った方でも交通手段はバスとなります。道中かなり舗装されいない砂利道なども走るため、人によっては車酔いする方もいるかもしれません。酔い止め薬やミネラルウォーター(水分補給のため)はできるだけ持参するようにしてください。
また、荷物置き場がないため、なるべくバッグは軽くするように心がけましょう。

切符売り場


切符は1人10万ドンです(2012年12月現在)。
また、小さな手荷物であれば、ここの切符売り場のスタッフに頼めば預ってもらうこともできます。
ただし、貴重品は必ず持っていくようにしましょう。また、お手洗いも近くにありますので、ここでしっかりと済ませておきましょう。
少し歩くと切符を切るスタッフがいるので、そちらで受け付けを済まし、移動用の車があるところまで3分ほど歩きます。
正門

正門

チケットです

チケットです

数分歩くと移動用の車があります。ジープで行くか、カートで行くかとなります。どちらで行くかは車のメンテナンス状況によるとのことです。できればジープに乗りたいナビでしたが、残念ながらカートでの移動となりました。
ただし、5分程度の道のりです。
乗り合いした二人組のベトナム人女性はハノイから観光で来たそうです。 乗り合いした二人組のベトナム人女性はハノイから観光で来たそうです。

乗り合いした二人組のベトナム人女性はハノイから観光で来たそうです。

ミーソン遺跡到着

カートで5分ほど走ると現地に到着します。もちろんここから山道を歩くことになります。
ここには軽い休憩所と出土品の展示コーナー、レストランがあります。
ベトナム人、外国人問わず観光者で賑わっています

ベトナム人、外国人問わず観光者で賑わっています

レストランもあります

レストランもあります

ここからは歩きとなります

ここからは歩きとなります

道中は自然を楽しもう


遺跡群が見えるまでは道中一本道です。ひたすら歩くことになりますが、右も左も広大な自然に囲まれています。
野鳥のさえずりが聴こえ、生い茂った木々の隙間から木漏れ日が差し込んでいます。自然の香りを肌で感じながら楽しんで歩きましょう。
また、ミーソン遺跡は現在も発掘の途中です。遺跡群の発掘、修復に現在は注力しているため、見渡す限りの自然の中にも、まだ発見されていない遺跡、遺産がたくさんあると言われています。
そんなミステリアスなミーソン遺跡一帯にロマンを感じずにはいられません。

最初に見える遺跡

ミーソン遺跡は集合体ごとに区分けされていて、グル-プAからグル-プHまであります。基本は一般公開されていますが、修復作業状況によっては公開されないグループもありますので、現地で確認してください。
こちらは一本道を歩いて行くと最初に見ることができる遺跡です。一つだけぽつんとあるのですが、次なる遺跡群の前触れとしては丁度いいかもしれませんね。

しばしの休憩

最初の遺跡付近に休憩所があります。次は遺跡群となるので、ここで少し休憩してみてはいかがでしょうか。右手にはステージ場があり、定期的に民族舞踊のショーがあります。今回ナビが訪れたときはあいにく開催されていませんでした。
左手には休憩できるスペースがあります。お菓子など軽い軽食が販売されていて、またバッグや粘土細工の民芸品などお土産も売られています。
チャム族の民族舞踊を見ることができます

チャム族の民族舞踊を見ることができます

ステージ

ステージ

伝統工芸品が並んでいます

伝統工芸品が並んでいます

お土産にバッグはいかがですか

お土産にバッグはいかがですか


休憩所から再び一本道を歩くと、次はいよいよミーソン遺跡群です。
なだらかな傾斜を歩いていると、大きな遺跡がその先に見えてきます!

世界遺産 ミーソン遺跡群


突然開けた場所に出くわすと、そこはもう遺跡群です。
目前にはチャンパ王国の聖地であるミーソン遺跡広がっています。ミーソン遺跡はチャンパ王国の聖地であれ、「ミーソン聖域」とも呼ばれています。古代ヒンドゥー教のチャム族たちは、歴代王朝が代わる度に祠堂を建てていました。
いたるところにヒンドゥー特有の文様やレリーフが刻まれており、男性器と女性器の象徴であるリンガとヨニも目にすることができます。
素晴らしい彫刻です

素晴らしい彫刻です

頭が欠けているのが残念

頭が欠けているのが残念

どこの一部でしょうか

どこの一部でしょうか


広大な敷地の随所に点在する祠堂や発掘された遺産ですが、実は実際発掘されたほんの一部にしかすぎません。
残念なことに、その多くはベトナム戦争で無残にも破壊されたり、戦時中心ない人々によって盗まれてしまいました。
しかし現存する遺産からも、チャンパの力強さがひしひしと感じられます。かつてアジアで最強を誇っていたアンコール王朝に攻め入ったこともあるほどです。

祠堂内部


祠堂には内部に入ることもできます。内部ではミーソン遺跡で発掘された遺産が所狭しと展示されています。
驚くほどの数で、どれも美術品として目を見張るものばかりです。
当時のチャンパの民が何を信じ、誰を崇拝し、そしてミーソン聖域はチャンパ王国にとってどのような役割を担っていたのかが少しずつ分かってきます。

チャンパの遺産(発掘品)

数々の遺産もほとんどが欠けてしまっているものばかりです。ベトナム戦争の深い傷跡は古代チャンパの聖地にもくっきりと残ってしまっています。 数々の遺産もほとんどが欠けてしまっているものばかりです。ベトナム戦争の深い傷跡は古代チャンパの聖地にもくっきりと残ってしまっています。 数々の遺産もほとんどが欠けてしまっているものばかりです。ベトナム戦争の深い傷跡は古代チャンパの聖地にもくっきりと残ってしまっています。

数々の遺産もほとんどが欠けてしまっているものばかりです。ベトナム戦争の深い傷跡は古代チャンパの聖地にもくっきりと残ってしまっています。

今後も期待が高まるミーソン遺跡


先にご紹介したように、ミーソン遺跡はいまだ発掘段階です。写真のようにこれから調査、研究を行う遺産もたくさんあります。周囲は森林に囲まれていることから、まだまだ発掘の期待が残されています。
今後も発掘調査され次第どんどん一般に公開されていきますので、毎年行ってみるのもいいかもしれませんね。行く度に違った顔のミーソン遺跡が見れるかも知れません。そして、近い将来チャンパ王国が後世に残したミーソン聖域の全貌が明るみになることを期待せずにはいられません。
まだ調査段階なので、詳しいことは分かりません

まだ調査段階なので、詳しいことは分かりません

ここにも緻密なレリーフが

ここにも緻密なレリーフが

ここから長い時間をかけて、遺産を世に出すのです

ここから長い時間をかけて、遺産を世に出すのです


中部地方一帯で栄えた謎多きチャンパ王国、そしてチャム族ですが、今後の研究調査によってさまざまな真実が明るみになるでしょう。写真の石碑は新たに発見されたもので、チャンパの字が刻まれています。
チャム族の文化、古代文字などはいまだに謎に包まれています。それもチャム族を専門に研究する熱心な専門家が現れないためです。いまだ解読されていない書簡も多々あると言われています。それらを含めてもミーソン遺跡のさらなる発掘は、研究者たちにとっては行き詰まった難題を紐解く糸口となればと思います。
帰り道は石畳を歩きます。まるでジブリの「となりのトトロ」に出てくるような神秘的な一本道です。 帰り道は石畳を歩きます。まるでジブリの「となりのトトロ」に出てくるような神秘的な一本道です。 帰り道は石畳を歩きます。まるでジブリの「となりのトトロ」に出てくるような神秘的な一本道です。

帰り道は石畳を歩きます。まるでジブリの「となりのトトロ」に出てくるような神秘的な一本道です。

終着地点


石畳の一本道を抜けるとぐるりと回って、カートで運んでもらった最初のスタート地点に戻ります。
ここには発掘品が展示されているほか、ミーソン遺跡全体図のミニチュア模型が飾られています。
比較的欠けている部分のない原状のまま発掘された綺麗な出土品が展示されています 比較的欠けている部分のない原状のまま発掘された綺麗な出土品が展示されています 比較的欠けている部分のない原状のまま発掘された綺麗な出土品が展示されています

比較的欠けている部分のない原状のまま発掘された綺麗な出土品が展示されています



いかがでしたか。古代チャンパ王国の聖域は現在は世界遺産として多くの人に親しまれています。
中部地方へ観光の際は、ベトナムの誇るミーソン遺跡に是非、足を運んでください。
以上、ベトナムナビでした。

記事登録日:2012-04-25

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2012-04-13

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

ダナン

ダナン

中部地方最大の都市ダナンを歩こう。博物館でダナンの歴史を学び、ビーチで海水浴を楽しもう。