スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


統一会堂(ホーチミン)

Dinh Thong Nhat

閉店・移転、情報の修正などの報告

旧南ベトナム大統領官邸、ベトナム戦争終結のシンボルはいろんな意味で見応え充分!

こんにちは、ベトナムナビです。ホーチミンに来る人の中で歴史に興味のある方などは「ここを見るために来る!」という方もいらっしゃるかも。今日は南ベトナム政権時代の大統領官邸であり、同時にベトナム戦争終結のシンボルでもある「統一会堂」をナビがご案内いたします。
正面の門から左手に統一会堂のチケットブースがあります。日本語と中国語とベトナム語で書かれているパンフレットは8000ドン。無料の日本語ガイドさんもいるので、タイミングがよければ説明を受けながら建物の中を回ることができます。
入場の時に荷物チェックがあります。
門の中には広大な敷地が広がり、午前中は観光客で混雑していますが、午後は比較的すいていてノンビリした雰囲気。時間がある方はゆっくりと敷地内をお散歩するのもいいかも。
手入れの行き届いた庭の先に見えきたのは2台の戦車。1975年4月30日、ここのこの門をベトナム解放軍の戦車が無血入場し、事実上ベトナム戦争は終結しました。全世界で流されたその映像がまだ記憶に新しいという方もいらっしゃることでしょう。ここは南ベトナム時代の大統領の官邸としてのきらびやかな表情と、軍事会議室や脱出のためのヘリポートなど随所にみられる戦争という歴史、そしてこれからの統一とうい未来に向けたメッセージが感じられる、ベトナムにとってはとっても特別に意味のある場所なのです。

部屋数、ナント100以上の広さ!

中に入ると観光客の多いこと!ここは外国人だけでなくベトナム中から人々が見学しに来る場所。ベトナムも日本と同じ縦に長い国なので、みなさん国内旅行ではるばる北部や中部から来ているのかも。

広い廊下から中庭を眺めながら、100以上もある立派な部屋のひとつひとつを見て回ると、ローマ建築優秀賞を受賞した最初のベトナム人建築家、ゴベトトゥが建てたこのドクラップ宮殿がいかに優美で華麗なものかを実感することができます。
慶節室は今でもサミットなどに使われます。

慶節室は今でもサミットなどに使われます。

内閣会議室。

内閣会議室。

南ベトナム大統領、国内賓客応接室。

南ベトナム大統領、国内賓客応接室。

リアルに伝わってくる戦争の情景

作戦会議室では生々しい戦争の情景が感じられます。このお部屋で南ベトナム政府軍の戦術やどんな武器を使うかの策が練られたそう。
狭いスペースに作られた無線室も緊迫した雰囲気。

狭いスペースに作られた無線室も緊迫した雰囲気。

こちら脱出用の扉は地下通路へと続き、さらにはタンソンニャット空港まで道が伸びています。ここからタンソンニャット空港・・・けっこう時間がかかりそうな気もします。

こちら脱出用の扉は地下通路へと続き、さらにはタンソンニャット空港まで道が伸びています。ここからタンソンニャット空港・・・けっこう時間がかかりそうな気もします。

残っているのはわずか。調度品の数々

国書提出国書提出室には壁一面にとても立派な漆絵で国の歴史の物語が描かれています。周りの観光客からも口々に「これはすごいね~・・・」と歓声が上がっていました。

国書提出国書提出室には壁一面にとても立派な漆絵で国の歴史の物語が描かれています。周りの観光客からも口々に「これはすごいね~・・・」と歓声が上がっていました。

台湾から贈られた龍と鳳凰のカーペット。龍と鳳凰は「権力の象徴」を意味しています。

台湾から贈られた龍と鳳凰のカーペット。龍と鳳凰は「権力の象徴」を意味しています。

大統領への贈り物は他にもありました。象の足や船の模型。これら残っているものはわずかで、実際は大統領がタイに亡命する際に貴重品を持ち出していったそう。 大統領への贈り物は他にもありました。象の足や船の模型。これら残っているものはわずかで、実際は大統領がタイに亡命する際に貴重品を持ち出していったそう。

大統領への贈り物は他にもありました。象の足や船の模型。これら残っているものはわずかで、実際は大統領がタイに亡命する際に貴重品を持ち出していったそう。

スーベニアショップもあります。

小ぢんまりしていますが意外といろいろ揃っているおみやげコーナーもありました。漆絵や、ジッポー、絵葉書などが販売されています。

豪華絢爛な居住スペース!

大統領の寝室です。今は使われていないので何となく古びた感じがしますが、寝具などを置けばきっとすごく雰囲気が出そうなインテリア。
「第一夫人貴賓室」大統領の奥様がお友達を呼ぶためのお部屋です。「第一夫人」と書かれてはいますが、大統領に奥様は一人でした。ベトナム人のガイドさんが「ダイトウリョウノオクサンハ、ヒマダッタノデ、ココニトモダチヲヨンデ、アソンデイマシタ。」と言っていましたが、本当に暇だったんでしょうかね・・・???
廊下に飾られている絵もステキなセンス。大統領の奥様が選ばれたものなのでしょうか?これは大きすぎて持ち出せなかったのかも・・・
映画室やマージャン台が置かれた娯楽室、ピアノやビリヤード台まで置かれていました。ベトナム戦争が行われていたさなかに、このきらびやかな社交場が使われていたと思うと、うーん、なんだかいろいろんなことを考えてしまいます・・・

ダンスフロアーのすぐ横にヘリポート!

最上階にあるのが大統領のお気に入りだったというダンスフロア。窓の外には正面に一本まっすぐとレユアン通りを見ることができます。この道を解放軍の戦車が通ってきた時、大統領はこの場所からその歴史の瞬間を見降ろしていたのかも。
このダンスホールのすぐ横にあるのがヘリポート。まるで映画のような光景とはこのこと。ここまで見るのに1時間ちょっとかかりました。水分を取りながらこのドラマチックな景色を見ながらしばしボーっとしてしまいました。

本当の統一を目指して・・・

以前、テト(旧正月)中にここを訪れた時、ベトナム戦争終結が発表された壇上にお正月の花である梅の花、南部は黄色、北部はピンク色のもの一緒に飾られ、「統一」という意味が表わされていました。ベトナムの南部のことわざで「南部の人間は1日で、中部の人間は2、3日で理解できるが北部の人間は一生かけても理解できない。」というものがあるんだそう。本当の意味での統一はまだまだこれからのこの国の課題なのかもしれません・・・


広い敷地の中に入ると歴史の1ページがそこに繰り広げられる「統一会堂」はホーチミンに来たからにはやっぱり見ておきたい場所の一つ。歴史に興味ある方はもちろんのこと、あまり興味無い方でもこの立派な設備と調度品の数々、まるで映画のワンシーンのような光景はそれだけで十分見応えがあると思いますよ!以上、ベトナムナビでした。

記事登録日:2008-04-08

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    motomiya5

  • photo

    motomiya5

  • photo

    motomiya5

  • photo

    motomiya5

  • photo

    コンチョー

  • photo

    コンチョー

  • photo

    コンチョー

  • photo

    コンチョー

  • photo

    コンチョー

  • photo

    コンチョー

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2008-04-08

スポット更新日:2010-12-24

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供