閉店・移転、情報の修正などの報告

コーヒーとゾウと少数民族の町「バンメトート」

こんにちは、ベトナムナビです。ダクラック省の省都であり、タイグエン(中部高原地帯)で最大の町である「バンメトート」。まだまだ日本人旅行者は少なく、あたりを見渡してみると、アジアのニッチな観光エリアに敏感なロシア人やフランス人が多く目立ちます。そんなバンメトートは古くからコーヒー栽培が盛んで有名。2年に1度開催されるコーヒーフェスティバルでは日本人仕入れ業者も多く参加されます。今回はそんなコーヒーの町バンメトートの概要をご紹介します。

バンメトート基礎情報

<位置と面積>

バンメトートはベトナム中南部高原地帯にあるダクラック省の省都。面積は約370キロ平方メートルで、標高は500メートル以上。また、ダクラック省は中部中南部を構成する5つの高原地帯(タイグエン)の一つで、バンメトート中央にそびえているチューヤンシン(Chu Yang Sin)山脈はタイグエンで最も大きな山として知られています。
<人口と言語>

人口は35万~40万人程度。市街地はベトナム人であるキン族が主に暮らしていますが、町はずれには複数の少数民族が点在しています。中でも最も多く割合を占めているのがエデ族で、次いでムノン族、ムオン族、ザライ族が多く暮らしています。また、彼らの中にはキン族や観光客と積極的に交流するために市街地や観光名所に姿を現す人々もいて、一般の観光客も彼らとコミュニケーションをとることができます。

言語はキン族の使うベトナム語がメインですが、少数民族は独自の発達した言語を普段は使用していますただ、彼らの多くはベトナム語を流暢に話します。
<歴史>

1900年代初頭、ベトナムはフランスの植民地化にありました。その頃、フランス人の手によって、バンメトートのあるダクラック省は築き上げられました。現在もフランス人観光客が多いのは、彼らにとって所縁のある地だからです。ただし、元々この地はエデ族を中心とした少数民族の町であり、市街地にキン族が住み着いたのはベトナム戦争時(1960~1975年)とそれほど歴史は古くありません。ベトナム戦争後に文化変容がされて、町並みはがらっと変わりました。
<名物と特産品>

バンメトートは高原地帯特有の名物が挙げられます。山岳地や少数民族は現在でも水牛、猪などの飼育が盛んで、野生の猪も多く生息しています。さらに都市圏では食べる機会のない郷土料理や、少数民族のエデ族、ムオン族の民族料理などもレストランなど特定スポットで楽しむことができます。また、特産品はコーヒー豆とナッツ類、蜂蜜、そして少数民族の作る地酒など。これらはお土産としても買うことができます。

ニャチャンへ行こう

バンメトートは国内空港のみなので、日本から直接行くことはできません。ハノイ、ダナン、ホーチミンといった三大都市はいずれも繋がっています。おすすめは毎日就航しているホーチミン。ベトナム航空、ベトジェットエア、ジェットスターの3社がいずれも就航しています。
●バスはおすすめできない

バスで行くならホーチミンがいいでしょう。ダナンからも長距離バスがあるのですが、所要時間が13時間以上かかります。ただ、ホーチミン発でも9時間、場合によっては10時間以上かかるので、よほど時間に余裕がある人以外は、普通に飛行機を利用するのがいいでしょう。ベトジェットエアとジェットスターはLCCなので、荷物を軽くすれば安く行くことができます。

バンメトート市街地

バンメトート市街地はビクトリーモニュメントを中心に置き、バンメトート市場がそのすぐ傍にあります。夜は市場周辺に複数の夜店が点在して、ちょっとした散歩スポットとなります。また市場から続く道沿いにも個人商店が並んでいるので、買うものがなくとも、ウィンドウショッピングをするだけでも異国を楽しむことができます。
●バンメトート市場

バンメトートの中心に建つ巨大な屋内市場。外回りにも露店がはみだしていて、夜の19時~20時ころまで盛況しています。市場内は食品、服飾、日用品などとカテゴライズされているので歩きやすいです。ただ、多くの人が行き交うので、スリに注意が必要。財布はズボンのバックポケットに入れるのではなく、ポシェットやハンドバッグに入れて肌身離さず持ち歩くようにしましょう。
お土産雑貨もあります

お土産雑貨もあります

かなり大きな市場です

かなり大きな市場です

食堂で名物を食べるのも

食堂で名物を食べるのも

●カイドアン寺

1953年創建の仏教寺院。少数民族の伝統家屋であるロングハウスの建築様式も取り入れられています。市内に佇む大きな寺院で、日ごろ参拝に通う熱心な仏教徒の拠り所となっています。
趣ある寺院です

趣ある寺院です

三つの正門。通れるのは左だけです。

三つの正門。通れるのは左だけです。

ベトナムの象徴花である蓮の花です

ベトナムの象徴花である蓮の花です

●ダクラック博物館

ビクトリーモニュメントから徒歩10分程度の距離にあるダクラック博物館。ダクラック省およびバンメトートの歴史や、この地に暮らす少数民族の文化、風習、風俗を紹介した近代的な博物館です。エデ族のロングハウスの模型や墓標なども展示され、要所に英語による解説がされているので彼らの生活様式を学習することができます。
外観

外観

少数民族が使う農具

少数民族が使う農具

パネル展示もあります

パネル展示もあります

●チュングエン・コーヒービレッジ

全国展開しているベトナムの高級カフェチェーン店「チュングエン」は、このバンメトートの地で生まれました。当スポットでは、チュングエンおよびコーヒー栽培の歴史博物館やツアーデスク、お土産店などが併設されています。もちろんメインはカフェ。古き良きベトナムの建築スタイルとエデ族のロングハウスが融合した施設内では、ゆっくりとコーヒーブレイクをとることができます。
のどかなカフェです

のどかなカフェです

屋内の様子

屋内の様子

博物館もあります

博物館もあります

郊外エリア

観光のメインは郊外エリアとなります。基本はタクシーをチャーターするのが普通。流しのタクシーを捕まえて交渉するのもいいですし、ホテルに頼めば契約している信頼できる車とドライバーを用意してくれます。その場合はホテルのコミッションが入る分多少高くなる可能性があります。相場としては1日貸切って70~90万ドン程度。多くのドライバーはこの地で生まれ育っているので、ガイドブックには載っていないおすすめのレストランや食堂、観光名所を案内してくれます。旅は道連れ。よき関係を築きましょう。
●ラック湖&少数民族の村

ラック湖ではゾウ乗り体験ができるほか、手漕ぎボートで湖を周遊することも可能。また傍にある観光施設ではお土産のエレファントコーヒー豆やナッツ類を買えるほか、バンメトートの郷土料理や民族料理を食べることができます。施設スタッフにはエデ族も含まれていて、民族衣装を脱いで普段は私服で生活しているのが分かります。

ラック湖周辺にはブオンジュン村とブオンマリン村の2つの村があります。ブオンジュン村は主にエデ族が暮らし、ブオンマリン村は主にムノン族が暮らしています。ただ、バンメトートは世界的に見ても非常に珍しく、複数の少数民族が生活を共有しているのが特徴。エデ族が多く暮らす村にムノン族が暮らしていたりします。その場合、彼らはエデ語で話すそうです。ブオンジュン村はラック湖観光施設から徒歩で行くことができ、ブオンマリン村は車で行くことができます。
ロングハウスと呼ばれる民族家屋

ロングハウスと呼ばれる民族家屋

水牛が草を食んでいます

水牛が草を食んでいます

●ヨックドン国立公園

ヨックドン国立公園はブオンドン村に行くついでに立ち寄ることができる自然公園。ロッジ風のホテルに泊まることができたり、ゾウ乗り体験をすることも可能。近くでバナナを買っていけば、エサやりもすることができます。公園といっても自然に覆われた敷地が広がるだけなので、半日一日居れる場所ではありません。ブオンドン村へ行く際に立ち寄って自然の風景を愛でていくといいでしょう。
ゾウの身体を洗っている最中♪

ゾウの身体を洗っている最中♪

ゾウ乗り体験できます

ゾウ乗り体験できます

田舎ですね~

田舎ですね~

●ブオンドン村

ブオンドン村は観光客に人気の名所。観光地化された自然派テーマパークで、園内では自然散策や名物料理レストラン、吊り橋渡りにゾウ乗り体験などができます。バンメトートに訪れたら決まって行く王道の名所となるでしょう。バンメトートは都心部のように市街地であってもレストランは多くありません。バンメトートならではの名物を食べておきたい方は、ここで一通り楽しむことができます。
お土産店がたくさん並んでいます

お土産店がたくさん並んでいます

ウッド調のバンブーレストラン

ウッド調のバンブーレストラン

吊り橋渡り体験

吊り橋渡り体験

●ダライヌア滝

こちらもネイチャースポット。子供から大人まで楽しめる一押しの観光名所です。迫力ある滝を目の前にブライダルフォトを撮る現地の新郎新婦や、大きな一眼レフを携えてくるカメラマンなどをよく見かけます。滝の上、裏側と歩くことができ、間近で見る滝は荘厳。また、同スポットへ向かう道中の素朴な田舎町もしっかりと観察していってください。
道中に見かけた牛を連れる少女

道中に見かけた牛を連れる少女

宿泊施設もあります

宿泊施設もあります

うっそうとした林を歩きます

うっそうとした林を歩きます


いかがでしたか。あまり旅行者には知られていませんが、バンメトートは意外と楽しめる名所が多々あります。リゾート感はあまりありませんが、素朴な田舎町や東南アジアの異国情緒を感じたいという方にはおすすめできる観光エリアです。以上、ベトナムナビがお届けしました!
  • photo

記事登録日:2018-01-11

ページTOPへ▲

関連タグ: バンメトート

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2018-01-11

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供