スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

ベトナムのスーパーでこんなもの見つけた!

帰国の前にもう少し、食材もできるだけいろんな種類をもって帰りたい、そんなときにはスーパーへ行こう!何でも揃っていましたよ~

こんにちは、ベトナムナビです。食に目がないナビ、今日はスーパーのものを買いあさりにやってきました~。スーパーといえば食料品。ビギナーでもリピーターでも本場のベトナム料理を口にしたなら、え?これって、調味料があれば私だって日本で作れるかも?そう思ってしまうはず。追及すれば幅広く、奥深い世界だけど、ベーシックなものは、調味料でベトナム風にキメルことは可能ですよ~。
だから最初は調味料
ベトナム料理のキーポイントは調味料。魚から作ったヌッククマムは有名だけど、エビからのものもあって、どれもおいしそう。ちなみにエビならフーコックさんが有名らしいです。チキンコンソメもあったし、HUEやHU TIEUの決め手となるソースも2600ドンで。これがあればとりあえずはベトナム風味になるかなあ。
美味ながら在住向き
次に目についたのは、ハム。フエのハム。ベトナムのハムってなんでこんなにおいしいのかな、と感じたら、それはフエハムに違いないです。種類も豊富。どれにしようか迷います。でも価格は4万ドン前後と少々お高め。あら、でも肉類は持って帰れない。在住の方向き。すみません。ホテルで切って食べちゃいましょう。
牛乳がぺちゃんこパックに
ベトナム式の牛乳はこうやって、こんなパックで売られてます。豆乳味、バニラ味、ストロベリーやチョコレート、コーヒー味といろいろ。甘いけど、牛乳の味も濃厚。日本で飲むイチゴミルクほどお菓子っぽくない味?かな。ヨーグルトやチーズとかの洋食品もおいしい国だから、牛乳も上質。話のタネになるやも。4200ドンだけ。
日本では高いものがここにも
フランス料理店に行くと、パンに添えて出てくるアレ。フツーのレストランはマーガリンですが、高級になるとパテ。この風味もいろいろあるんですねえ。どれも一個ずつほしくなるなあ。33000ドンとハムに近い高めのお値段ですが、何種類か買って帰って食卓にいつもフランスパン、気分もワクワクしてくるでしょ?
ダラットワインも
酒好きナビの目に留まったのはアルコールコーナー。腰が抜けそうになるほどかったるいビール「333」は8500ドン。同じくだるいレッドドラゴンもあった。アルコールに弱い人には気楽に飲めるビール。そして!ベトナムワインと言えば、ダラット。2万ドンから。ラベルにプチパリがここにも。味は薄い、と言えるけれど、エキゾティックムードに浸れるワイン。これもフランスパンと一緒に我が家の食卓へもっていこうか。米酒もそろっていて、これは直接飲むのはどうもきつそうなんで、料理に入れるのがいいかもしれません。

★★★333って?
ナビはここでバーバーバーと呼ばれる333ビールの名前の由来を知りたくなり、調べてみました。そしたら、バーバーバーはヨーロッパでは777のことで、ラッキーの意味だとあります。知り合いから昔は333ではなく、33だったというのを聞き、ベトナム関連の小説を読んでいたら、1960年代はフランス産33ビールって書かれてたので、へーっ。「3」っていう数字はベトナムでは縁起が悪いらしいんですよね、縁起が悪い数字をビール名に使ってるのがナビは不思議でたまりません。どなたか知ってる人がいたら、どうかナビに教えてくださいませ~。★★★


人気のお土産♪
ちょっとしたばらまきでもいいし、自分用のおやつでもいいし、ゴマやピーナッツを使ったお菓子はいかが?香ばしい香りに味もいける。軽いから何個買ってもかさばるだけで重さの負担はあまりなし。隣りに並ぶのは、豆類をつぶしてらくがん形になったお菓子、10700ドン。ヘルシーだし、そんなに甘くないし、お茶との相性はぴったり。お茶の風味をこわさず、お茶自体もおいしく飲ませるお菓子。こういうのは中華のお菓子と全く同じ。ナビはつい買ってしまいました。さらに横の並びは無添加ジャム。重いけれどパイナップルやグァバなんて、試したくなるフルーツ類がゴロゴロ。
不思議なお茶、発見!
ティーバッグも様々。中国語や韓国語も書いてある。百合の花茶やレイシー茶、植物か花かわからないのもあったり。ナビも初めて見ました。体によさそうな、でも買うのはちょっと勇気がいりそうな。百合は夏バテになりそうな時さっぱりさせる効果があるけど、サルノコシカケはどんな味なのかナビも試してません。買おうかどうしようか、ひとパック飲んで、半年くらい放置しそうな・・・だいたい13000ドンくらい。
べトナムといえばコーヒー!
ベトナムではオトコしかコーヒーを飲まないそう。女性はコーヒーを飲むと肌が黒くなるとかで、肌白命のお国では、街頭やカフェですすってるのは確かに全部オトコオトコオトコ。コーヒーコーナーには目移りするほどありとあらゆる種類があるのに、もったいないですね。豆を買う場合は挽いてくれるコーナーもあり。一般的にベトナム産はアラビカなので、多少のシュガーとミルクを入れたほうが最初は飲みやすいんです。日本でアメリカンに慣れている人には、いきなりブラックは強烈すぎて、うわっ!これ何?と顔をしかめてしまうことになりますヨ。
日用品コーナー
普段使いのベトナムっぽいかわいいつっかけも発見。花模様がかわいいので、買おうかなとしばらく考え込むナビ。その隣りにはトイレットペーパー。何故?と思われる方、決め手はその幅。ベトナムのトイレットペーパーは幅が小さくて、なんだかかわいい。これがポイントでお土産にする人も多いとか。たったの3000ドン。
レディスコーナーで?
上下おそろいの寝巻き?のような下着のようなものからアオザイまでいろいろ。暑い国なので素材は軽くて薄い。たぶん下着?いや、寝巻き?ズボンが長かったら上下おそろいで歩いてる人はたまに見かけるんだけど・・・子供のかわいいチャイナドレスもありました。普段着ではなく、ちょっとした発表会とか用。生地はかなりテラテラ。
セクシー下着も!
日本以外のアジアの国に行ってナイトマーケットとかでも見かける下着の屋台。色もデザインも派手。身につけるためじゃなく、見せるためのような下着もいっぱい、それに比べるとベトナムはちょっとおとなしめ。でも日本よりはセクシーな気がするんですけど。
今回は、TAXスーパーを参考に歩いてみました。入口で手荷物が大きいと受付に預けてといわれるから注意。受付は入口の左、番号札をもらいます。でもあまり大きい荷物は入らないかな?ナビのノートPCは無理でした(でもカバンにノートPCが入っているというと、店内持ち込みOKでした。ちょっと不思議)。
以上、ベトナムナビがおとどけしました~。

P.S.スーパーの外でもいろいろあった!


ベトナムの象徴、ハスの花。よく造花をみかけるけど、これもそう。

ベトナムの象徴、ハスの花。よく造花をみかけるけど、これもそう。

おみやげにできる刺繍のバッグがたくさん。

おみやげにできる刺繍のバッグがたくさん。

民芸品の人形、味わい深い。 民芸品の人形、味わい深い。 民芸品の人形、味わい深い。

民芸品の人形、味わい深い。

かのバッチャン焼き、図柄は定番柄、頑丈な食器なんです。 かのバッチャン焼き、図柄は定番柄、頑丈な食器なんです。 かのバッチャン焼き、図柄は定番柄、頑丈な食器なんです。

かのバッチャン焼き、図柄は定番柄、頑丈な食器なんです。

その他情報

*日本に持ち込みができないものがありますので、日本への持ち込みの際はご注意ください。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2008-04-08

ページTOPへ▲

その他の記事を見る