スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

ホーチミン・オーダーメイド事情 ~洋服・アオザイ編~

何でもオーダーできる国ベトナムで、自分だけの一点物を作っちゃおう!

シンチャオ★ベトナムナビです!何でもオーダーメイドができる国ベトナム。洋服はもちろんのこと、バックやサンダル、家具や絵画、小物などなど、既製品よりも自分のニーズに合わせた物を作るという文化のあるこの国では、高級品というイメージではなくオーダーメイドは身近な存在です。そんなオーダーメイド大国ベトナムへ来たからには、あんなものこんなもの、自分だけの一点物を作ってみたくありませんか?ホーチミンでできるオーダーメイドの中から、今日はナビが安心しておススメできるテーラーを、みなさんに紹介したいと思います♪

縫製の美しさにこだわる人には、ここがおススメ!

パスター通りにお店を構える老舗テーラー「ザッカ」。縫製が美しく、仕上がりが丁寧なことで有名なお店です。スタッフの方々の日本語対応もスムーズで、オーダー初心者の方でも親切にアドバイスをもらうことができます。雑誌の切り抜きやワンピースなどの見本もいろいろと置いてあり、「これを作るぞ!」というイメージをあまり持たないでふらっと出向いても、失敗なくオーダーメイドができそう。「これと全く同じものをこの布で作ってください!」なんていうコピーの注文もOK。とにかく美しい仕上がりにこだわりたいという方に、自信を持っておススメできるお店です☆

アオザイが30ドルぽっきり!手軽にオーダーできる店

アオザイだってワンピースだって一律いくらの明朗会計でお手頃価格でオーダー出来ちゃうと、日本人旅行者にとにかく支持されているお店「マングローブ」。ホーチミンで3本の指に入る仕事のできる女性と評判の女主人チャンさんのお店です。「チャンさん、こういうのできる?」「できる。」「チャンさん、これ急ぎがいいんだけど。」「分かったわ。」と、あらゆる旅行者の注文を次々とさばいていくその仕事っプリには惚れぼれするものが。隣にある姉妹店ブティック「サボテン」に置いてある洋服から選んで、自分のサイズに合わせてセミオーダーすることも可能です。

ちょい悪おやじ仕様、イタリアンカラーのメンズ服の店

ホーチミンにありながら、イタリアンテイストのメンズ服の店「マッシモフェラーリデュオ」。店内にあるスーツやバック、お洒落なアイテムの数々は自分サイズでオーダーすることも可能です。一番のおススメはビジネスシャツ。襟と袖の選択から始まり、イタリア、イギリスものの生地も種類豊富に揃います。日本に留学経験もあるオーナーのアントニオさんが日本語でも英語でも相談にのってくれるので、細かいこだわりまで聞いてもらうことができちゃいますよ☆

カワイイ柄の生地が種類豊富に揃う店☆

お店に入った瞬間から心が躍ってしまうようなカワイイ柄の生地が種類豊富に揃う店と言えば「チチテーラー」。ローカル過ぎず、高級すぎないお手頃感覚があり、ついついいっぱいオーダーしたくなっちゃうお店。ワンピースやチュニックはもちろんいいけれど、ナビがあえて「チチテーラー」で一押ししたいのがアオザイ。コットンやシフォンといったカジュアルな素材で作ってもらうデザインアオザイ。ちょっと大胆なパンツスーツみたいに、お出かけ着にしたくなること間違いなしですよ!

エレガントなドレスを作るならココ!

エレガントでシックな女性ファッションがコンセプトというブティック「モーヴ」。裾や袖のレース使いが得意なこのお店でオーダーするドレスはやっぱり、大人の女性を思わせる品の良いものに仕上がること間違いなしです!商品になっているワンピースのデザインも、オーダーせずともそのまま欲しくなる素敵なものばかり。生地を選び直して、自分のサイズに合わせてセミオーダーするのもいいかもしれません☆
ホーチミンの街中に溢れるテーラーの数々。一見雑貨屋さんに見えるお店の奥、デパートの中の一画、市場の中などなど。ここ最近でこそ既製品の数が増えつつあるベトナムですが、「洋服は買うものじゃなくて、作るもの!」本来、逆に日本では考えられないような贅沢な考え方が根付いているんですよ。お気に入りの洋服のコピーを、雑誌の中の素敵な服を、お店の商品を自分サイズでなどなど、ホーチミンに来たからにはオーダーメイドに気軽に挑戦されてみてはいかがでしょうか!以上、オーダーメイド大国ベトナムより、ホーチミンのテーラー事情をベトナムナビがお伝えしました~(*^_^*)

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2010-08-13

ページTOPへ▲

その他の記事を見る