スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

ホーチミンの市場

ベトナムならやっぱり市場へ!ホーチミンにある代表的な市場を一気にご紹介。

こんにちは、ベトナムナビです。ベトナムで行ってみたいところとえば、1つに市場があります。外国でその街の市場に行けば、街の実際の活気や産品や人情などがわかる、ともいいいますよね。ホーチミンにもベンタイン、ビンタイ、アンドンと、外国人も訪れる大きな市場が3つあります。今日はそんなホーチミンにある市場を紹介しましょう。

ベンタイン市場

1914年の設立と歴史あるベンタイン市場。地元の言葉では「ベンタン」。時計台の形をした入口が特徴。この中に生鮮品、食品、衣類、服飾品など、人々の生活がそのままぎっしり詰まっています。合わせれば1000以上ものお店があるそう。また中にあるフードコーナーも充実。夜には周辺がナイトマーケットになります。またバスターミナルも近いので、移動の拠点になります。ただロータリーの道を渡るのは至難の業。 

ビンタイ市場

ホーチミンにある中華街、チョロンにある最大の市場、ビンタイ市場。早朝から活気があり、市場内には隙間なく商品が陳列されています。卸し問屋がほとんどで、日用品もほとんどまとめ買いしかできませんが、ホーチミン市内中心地よりもその分値段は安いかも。英語はあまり通じないけれど、北京語ならほとんどどこでも通じるのはさすがチャイナウン。ホーチミンの中心からは、ベンタイン市場前のバスロータリーから1番バスに乗って終点まで行けば30分程度です。

アンドン市場

ベンタインからタクシーを飛ばすこと20分。変わった匂いが漂うごちゃごちゃいろいろありそうな界隈にアンドン市場はあります。漢字では安東とも。市場は3F建てで、3Fはおみやげが中心のフロア。ベンタイン市場よりも日本語が通じる度合いはちょっと弱いかも。またベンタイン市場並みに吹っかけられた金額は2回目はガクンと下がります。2階は服。女性ものの洋服が圧倒的に多く、子供服も。1階も女性ものワールド。地下は乾物類で、フードコートもあります。
あと、市場の楽しみといえば、フードコーナー。おなじみのフォーなどの麺からチェーやシントーなどのスイーツまで、ちょっと小腹がすいたときに立ち寄ることができます。

その他の市場

その他、ホーチミンにはサータイ市場やソンチウ市場、タイビン市場など、旅行者があまり行かない地元人御用達の市場もあります。時間のある方は、こちらも覗いてみてはいかがでしょうか?よりリアルに、ホーチミン庶民の生活を垣間見ることができるかも。
写真で見るローカル市場

いかがでしたか?ベンタイン、ビンタイ、アンドンそれぞれ、市場に特色があります。物があふれる姿を見るのも楽しいし、市場で働く人をながめるのも楽しい。買い物を楽しみたい方は、価格交渉も楽しんで見ては。ただ市場は概ね治安があまりよくないので、スリやぼったくりなどには十分気をつけましょう。以上、ベトナムナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2011-01-21

ページTOPへ▲

その他の記事を見る