スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

ハノイの名物料理を食べつくす

これだけ食べればもう十分!ハノイ名物7大料理!!


こんにちは、ベトナムナビです海外旅行へ行ったら、その国の名物料理は押さえておきたいところですね。ベトナムの名物料理といえば、フォーや生春巻きが思い当たるかと思いますが、ベトナム料理は非常に多岐に渡り、地域によってその国の郷土料理があります。今回紹介するのは、ベトナム料理ならぬハノイ料理。ハノイ旅行に訪れたら、ここで紹介する7つの料理を食べ歩きしてみてください。それだけでハノイ通になれるはず♪

名物料理はどこで食べられる?


ここで紹介する料理だけではなく、ベトナム料理全般は屋台からレストランまでどこでも食べることができます。ホアンキエム湖周辺やハノイ大教会周辺、旧市街は外国人旅行者が多く行き交うメインエリアですが、この界隈にある屋台や食堂、レストランに足を運んでみてください。ただし、一つの店ですべてを食べることはできませんので、やはり食べ歩きのプランを立てるべきといえるでしょう。

1、フォー


ベトナムの名物料理として最もポピュラーな料理と言えるのではないでしょうか。そのフォーは、実は北部が発祥で、南部ホーチミンと比べると、味付けがさっぱりしているのが特徴です。なにかとライバル関係にある南部人も、ハノイのフォーはおいしいと評価しているほど。フォーは屋台、食堂といった専門店で食べることができ、綴りの次に「bo=牛肉」、「ga=鶏肉」を確認して、お好みを選んでください。

2、チャーカーラーヴォン


ガイドブックでは、「雷魚の油鍋」と紹介されていますが、実際雷魚を使っているかは店によりけり。ただ、川魚ですね。白身魚をぶつ切りにして、鍋に放り込み、幾種類の香草と混ぜて油で炒めます。お椀にブンと呼ばれる米粉麺をしき、その上に炒めた魚と香草をのせ、マントムと呼ばれる灰色のタレをかけて食べます。ホーチミンではあまり食べることができなく、またハノイでも専門店でしか食べられません。旧市街のチャーカー通りには、専門店がいくつかありますので、そちらに行きましょう。
油を多量に使うが、それほど油っぽくはありません

油を多量に使うが、それほど油っぽくはありません

ハーブの香りもとてもいいです

ハーブの香りもとてもいいです

3、ブンチャーハノイ


料理の名前にハノイとついているように、こちらはブンを使ったハノイ料理。ブンチャーのみの店名、料理名の場合もありますが、出てくるものは同じです。これは、いわばつけ麺。ブンを酢とヌクマムベースのスープにつけて食べます。具はつくね肉や野菜、かき揚げが定番。男性なら一皿だとお腹いっぱいにはならないので、小腹が空いたときにどうぞ。おいしいブンチャーを出す食堂は、昼時になると現地人で満席になります。彼らも大好きな料理なんですね。
ブンチャーの看板。旧市街に多い

ブンチャーの看板。旧市街に多い

つくねを焼いています

つくねを焼いています

4、ブンタウマントム


こちらは主に屋台食堂で食べられる料理。固めたブンに揚げた豆腐、豚肉、きゅうり、香草などと一緒に食べます。つけダレはチャーカーラーヴォンでも出てきたマントム。海老を発酵させたタレで、匂いはクセがあります。これがダメという外国人も多いのですが、慣れればやみつきになります。ベトナム料理をおいしく食べる秘訣でもあるので、是非試食してください。
屋台食堂

屋台食堂

ホーチミンではハノイ人が開いた店で食べることができる

ホーチミンではハノイ人が開いた店で食べることができる

5、ブンオック


ハノイの町中でよく見かける「オック(Oc)」という看板。これは貝という意味。ベトナム人は貝が大好きで、特に女性は目がありません。貝自体は全国で食べられる定番食堂グルメですが、スープつきのブンの具にむき貝が入っているのは、ハノイならでは。ホーチミンや他のエリアではあまり見かけません。一杯100円から150円程度と安く、屋台、および食堂で食べることができます。いずれも深夜まで営業しているので、深まる夜の散歩を終えたときに腹ごなしに立ち寄るのはいかがでしょうか。
どこでも見かけるオックの看板

どこでも見かけるオックの看板

貝料理も自慢

貝料理も自慢

6、バイントム


バイントムは、ベトナムの屋台グルメ。ハノイ中心市街地にはあまり見かけませんが、旧市街、ホアンキエム湖南方ハイバーチュン区、タイ湖の西湖府周辺にはバイントムの屋台があります。バイントムは海老を殻ごと小麦の衣と一緒に揚げたもの作り立てはサクッとしておやつ感覚で食べることができます。作り置きも頼めば油で揚げ直すか、レンジでチンしてくれます。そのまま食べてもいいですが、普通はブンチャーハノイでも使った酢とヌクマムベースのタレにつけて食べます。慣れたらチリソースをつけても美味。
西湖府周辺の屋台街

西湖府周辺の屋台街

スープにつけて召し上がって

スープにつけて召し上がって

7、バインコム


最後はバインコム。緑豆を練ったお餅に似たお菓子。日本の和菓子的な立ち位置で、よくお土産で現地人は買っていきます。旅行者はスーパーや市場で買うことができます。ハノイ名物なので、ノイバイ空港でも買うことができますが、値段は相場の2倍くらいするので、できれば市内で買っておきたいところです。バインコムは一つから買えますが、一個50円しないので、5個セットなどで売っているのが定番です。いくつか買って、会社の同僚や家族へのばら撒くのがいいでしょう。
大量につまれている

大量につまれている

緑餅

緑餅


いかがでしたか。ここで挙げたハノイ料理の他にも、ベトナムの定番どころも押さえておきたいところ。滞在中に全部食べられることを目標にしてみてください。以上、ベトナムナビがお届けしました!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2016-04-13

ページTOPへ▲

その他の記事を見る