スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

ハノイ二大市場。ホム市場とドンスアン市場

ハノイ旅行で押さえておきたい2大市場をご案内!


こんにちは、ベトナムナビです。ベトナム旅行といえば、ショッピングが旅の醍醐味。お洒落なショップでプチパリ気分を味わいながらの買い物も捨てがたいですが、併せてベトナムらしさも体験していってほしいところです。ハノイ市街地にもいたるところに大小の市場があります。今回はその中でも観光客が行きやすく、また大きな屋内市場を2つご紹介します。自分で探してみるのもいいですが、もし時間がなくて、効率重視の観光であれば、ここで紹介する市場へ足をお運びください。

ドンスアン市場


まず最初にご案内するのは「ドンスアン市場(Dong Xuan)」。ハノイ市街地では最大規模の面積を誇る屋内市場です。また、立地柄外国人旅行客も多く訪れるので、出ているお店も雑貨店やアクセサリー店などが多く、お土産も期待できます。ハノイにはホーチミンほどお土産ショップがありません。また、どこへ行くにも多少なりとも歩かなければならないので、なるべくショッピングスポットはしぼりたいところです。最初にドンスアン市場であらかたお土産を買って、大切な人へのお土産や、ここにないお土産をショップで買うといいでしょう。

場所を確認

場所は外国人の憩いの場所でもある「旧市街」エリア。ホアンキエム湖の北部に広がる一帯で、古き町並みはかつてタンロンの城下町だったことをうかがわせてくれます。市場はその旧市街の北部。少し歩くことになるので、ホアンキエム湖からシクロに乗るのもいいでしょう。
.
●屋外外回りは主に食品系

これはドンスアン市場に限ったことではありませんので、覚えておくと便利です。市場は一見すると店が雑多に並びカオス的状態ですが、実はしっかりとジャンル別にカテゴライズされています。ドンスアン市場のように外回りは主に食品を扱う店が多く、中が雑貨。また、雑貨といっても種類はさまざまですね。これもしっかりとカテゴリー分けされていて、外国人向けのお土産系、貴金属、電化製品、そして服飾と区分けされているところがほとんどです。

ドンスアン市場で旅行者向けのお土産でおすすめなのが、乾物とバインコム。乾物はライムやショウガ、ココナッツ繊維、ナッツ類などがおすすめ。いずれもハズレがなく、誰に贈っても喜ばれます。買うときあ匂いをかいで風味があるかを確かめてください。一方バインコムはハノイ含む北部の名物で、緑豆を練って餡にしたお餅です。これは餅文化のある日本人の舌にも合いますし、なによりも安いのでバラマキ土産にも最適です。

ドンスアン市場はひっきりなしに外国人旅行客がやってくるので、お店の人も英語を話せる人がほとんどです。欧米人は懐が大きいのか、それとも相場を調べていないのか分かりませんが、比較的高値で買っていく傾向があるため、お店の人も味をしめている可能性があります。しっかりと相場を調べて、値段交渉しなければ高値で買わされてしまいます!
山積みになっている……

山積みになっている……

ポン菓子もあるが、味はどれもいまいち

ポン菓子もあるが、味はどれもいまいち

市場内はまさにお土産の宝庫


旅行者におすすめなのは、ベトナム雑貨と服飾です。服飾はベルトや財布よりも、洋服を選んでみてはいかがでしょうか。ここにある洋服は日本人からみると決してファッショナブルではなく、むしろ日本では外に着て歩くのはちょっと恥ずかしいものがほとんどです。しかし、これぞベトナムファッション。自分用、部屋着用、仲の良い友達ように一枚ずつ買ってみてはいかがでしょうか。値段は5万ドン~15万ドンくらいが相場です。

トラベルグッズ店もありました。身軽旅行をモットーにしていて、小さめのバッグを持ってきた方は、お土産の量が多くて急遽バッグを新調しなければならないかもしれません。そんなときにこちらで選んでみてはいかがでしょうか。良質なものは売っていませんが、日本へ持って帰るだけなら問題ありませんし、なによりも安いです!
服飾品が多い。特に靴

服飾品が多い。特に靴

ブランドはすべて偽物と思っていいです

ブランドはすべて偽物と思っていいです

リュックはベトナム旅行中のみ使用と考えれば……

リュックはベトナム旅行中のみ使用と考えれば……

雑貨エリアは幅広く設けられています

雑貨エリアは幅広く設けられています


「ベトナムのファッションはシンプルなものが多いね」、「何十年前のファッションみたい」といった意見も飛び交うベトナムの服。最近は都心の服飾ショップは小洒落た服も多くなってきていますので、最新物を知りたい方は、ショップにお越しください。ここは比較的ファッションにこだわらない人向け(笑)ただし、値段は安いですし、中にはベトナムらしさを感じるアオザイやチャイナ服仕立てのも服もありますので、こちらはユニーク土産にはいいかもしれませんね。
コットン100%が流行っているよう

コットン100%が流行っているよう

まとめて買うと安くなる

まとめて買うと安くなる

生地のみの購入は業者向け

生地のみの購入は業者向け

値切り交渉は必須です

値切り交渉は必須です


ホム市場


続いてご紹介するのは「ホム市場(Hom)」。こちらはドンスアン市場と比べると、かなりローカル臭が漂う市場ですビル型の屋内市場ですが、中央は吹き抜けで開放的。外回り、中1階、2階という構成で、青果市場の要素が強いです。また、2階は服飾エリアとなっていますが、業者も多くやってくるため、決して個人客だけを相手にしているわけではないようすです。お土産選びは少々きついですが、ローカルな雰囲気に浸りたい方は、ドンスアン市場よりもこちらがおすすめです。

場所を確認

場所はホアンキエム湖南方のハイバーチュン区内。湖から歩いていくことができます(少ししんどいですが)。道は一本道ですが、多少見つけずらい建物なので、途中で人に訊くなりして向かってください。
.
●市場外回りはローカルな香り漂う台所

ホム市場の外回りは、正直見るからに不衛生で汚らしいところです。しかし、魚介や香辛料が混じりあった香りには、どことなくベトナムらしさを覚えるはず。奥には生鮮食品エリアもあり、まな板の上に大きな豚肉や牛肉が吊るされている光景もみることができます。
たくさんの野菜が並ぶ

たくさんの野菜が並ぶ

魚介も

魚介も

バインコムをお土産に

バインコムはハノイの王道土産。緑豆を原料にしたお餅で、一個5000ドン程度と非常にリーズナブル。市場以外にもどこでも買うことができ、空港の売店でも必ず売っています。しかし。空港だと2倍以上の値段がつけられているので、安くまとめて買いたい方はここで買うのがおすすめです。基本は5個1セットになっています。
大量に買う旅行者もいる

大量に買う旅行者もいる

緑豆を練って餡を作る

緑豆を練って餡を作る


フロア内1階中は中央吹き抜けになっていて、中央に広がるのは果物売り場。その外周には日用品と服飾雑貨、そして軽食を売る屋台が並んでいます。現地人に特化した市場なので、最も賑わうのは朝の早い段階。昼過ぎになると、ほとんど現地人の客の姿は見えなくなります。ちょっと寂しい雰囲気も漂いますが、ローカル度は100%。外国人はどうせ買わないだろうとあまり相手にしない店もあるくらいです。
脇に申し訳ない程度に営業しています

脇に申し訳ない程度に営業しています

白玉の中に餡がある

白玉の中に餡がある

靴や。業者たちで大忙し

靴や。業者たちで大忙し

庶民の台所として毎日活躍しています

庶民の台所として毎日活躍しています

果物は食べ歩きもできる


一階中央には果物エリアとなっていて、若干野菜売り場もあります。南国の国でも、ハノイは若干の四季があるた、め、年間を通して果物には旬があります。ここで売っている果物はすべて量り売りですので、買いたいだけお店の人に渡せば量りにのせて重さを計り、値段を計算してくれます。食べ歩きもいいですし、ホテルに持ち帰って夜食にするのもおすすめです。ただし、ホテルに持ち帰る場合は虫が来るといけないので、必ず冷蔵庫で保存してください。
広々としたスペース

広々としたスペース

野菜もある

野菜もある


2階は洋服売り場。生地から選べるお店が多く、ここでオーダーメイドで新調する現地人もいるみたいです。早朝には生地の卸売り業者とお店が仕入れ交渉をしている様子もうかがうことができます。自分で仕入れにいかないぶん時間がとれるので、それだけ目利きに費やすことができ、なおかつ人件費も節約できるので、値段も安く設定することができるようです。
見て回るだけで十分楽しめる

見て回るだけで十分楽しめる

大量の生地。本当にさばけるのか……

大量の生地。本当にさばけるのか……


いかがでしたか。今回紹介した2つの市場以外にも、市街地にはいくつか人気の市場があります。ただ、行きやすさを考慮すると、こちらがおすすめとなります。市場好きなら両方行ってみるのもいいですし、ホテルから近い方を選ぶのもいいですし、目的別に選ぶのもおすすめです。以上、ベトナムナビがお届けしました。
関連タグ:ハノイ市場

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2016-06-22

ページTOPへ▲

その他の記事を見る