スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

ニャチャン1日コース!リゾートライフを楽しもう♪

ニャチャンの魅力を1日ですべて体験!弾丸旅行におすすめ!


こんにちは、ベトナムナビです。中南部ニャチャンは外国人旅行客に支持されている一大ビーチリゾート。本来ならば一週間程度の滞在が理想ですが、日本人旅行者の多くは2日~多くても3日程度しか滞在できないでしょう。移動も含めたら、1日丸々遊べるのは1日だけという旅行者も多いはずです。そこで、今回は1日でニャチャンを楽しめるモデルコースをご紹介したいと思います!滞在時間が少ない方は、当記事を参考にしてみてください。

ニャチャン観光の移動手段


ニャチャン観光では、「タクシー」、「バイク」、「自転車」が主な移動手段として考えられます。逐一タクシーで移動するのもいいですが、バイクや自転車で疾走するのがリゾート旅行らしくていいですね。バイクと自転車はツアーデスク、もしくはホテルのフロントでレンタルすることができます。ただし、自転車の場合はスポットによっては距離があります。例えば市街地からヴィンパールランドまでは行けても、ヴィンパールランドからホンチョン岬まではかなり距離があるので、タクシーかバイクを利用したいところです。自転車に乗られる方は、各観光スポットの位置関係も把握しておくといいでしょう。

9:00~10:00:ニャチャン大聖堂

通称鶏教会と呼ばれるニャチャン大聖堂。市街地の中心にあり、小さな丘の上に建っているため、遠くからでも眺めることができるのが特徴です。内部が開放されているときは、実際教会内に入ることができます。神聖な空気が漂う教会に入る機会はクリスチャン以外は早々ないはず。また、ミサの時間は教会門外から見学することができ、カトリック教徒の聖歌を聴くことができます。
遠くからでもわかる町のシンボル

遠くからでもわかる町のシンボル

西洋の香りが漂う

西洋の香りが漂う

磔のシーン

磔のシーン

教会側面

教会側面

10:30~11:30:ホンチョン岬&カフェ


次はホンチョン岬へ行きましょう。ホンチョン岬はニャチャン市街地北部。大小さまざまな岩場が広がるエリアの先には、絶妙なバランスで落ちそうで落ちない岩石が見どころとなっています。また、現地人にとっては穴場の海水浴場でもあり、岩場からダイブして楽しむ現地の若者がみえます。さらに先端の崖では釣りに興じるベトナム人も。観光スポットでありながら、のどかな光景も見ることができます。疲れたら、岬の入口にあるホンチョンカフェで一休みするのもいいでしょう。オーシャンビューの席が人気で、ここでカクテルやフレッシュジュースを飲んでみては。
岩場が続く

岩場が続く

大きな岩石の前で記念撮影を

大きな岩石の前で記念撮影を

釣りをしているのどかな光景

釣りをしているのどかな光景

海を眺めてトロピカルジュースを

海を眺めてトロピカルジュースを

11:45~12:45:ポーナガル塔


ホンチョン岬から車もしくはバイクで約5分で行けるのが、ポーナガル塔です。丘の上に建てられた幾棟は海洋国家として栄えたチャンパ王国の時代に創られたもの。現在ではチャム族をはじめ、ベトナム人も参拝に訪れます。また、見どころとしては、不定期公演にはなりますが、1日複数回チャム族によるチャムダンスを鑑賞することができます。また、敷地内にある博物館には近郊で発掘されたチャンパ王国の出土品が展示。ベトナムでは珍しいヒンドゥー教を信仰していたチャンパ王国の歴史の片りんをのぞくことができます。
雑貨店も並ぶ

雑貨店も並ぶ

袈裟を着ることもでき、すっかりと観光地化されている

袈裟を着ることもでき、すっかりと観光地化されている

祠堂はいくつもある

祠堂はいくつもある

リンガ。シヴァ神の男性器らしい

リンガ。シヴァ神の男性器らしい

ここから望む眺めもいい

ここから望む眺めもいい

リゾートな気分に浸れる

リゾートな気分に浸れる


12:00~14:00:昼食&泥温泉


ポーナガル塔からさらに車で5分圏内のところに「タップバーホットスプリングセンター」通称泥温泉があります。塩分濃度が高い泥水を顔や体に塗りたくることによって、高い美容効果が期待できるそうです。スクラブも直売しています。泥は温水と冷水があり、また混浴型とプライベート型があります。いずれも水着の着用となります。持ってきていない方は、ここで借りることができるのでご安心ください。また、レストラン、スパ、スイミングプールも併設しているので、ここで昼食をとるのもいいでしょう。次は市街地に戻るので、そこでどこかのレストランで食べるのも可です。
敷地内は広い

敷地内は広い

体が浮くミニ死海を体験できる

体が浮くミニ死海を体験できる

しっかりと乾かして肌に浸透させる

しっかりと乾かして肌に浸透させる

ジェット噴射で洗い流す

ジェット噴射で洗い流す

プールも温水

プールも温水

デッキチェアでゆっくりと寝そべるのも

デッキチェアでゆっくりと寝そべるのも

14:30~16:00:ニャチャンビーチ

市街地に戻ってきたら、ニャチャンビーチに向かいましょう。ビーチリゾートに来たのだから、こちらは外せません。日中は非常に日差しが厳しいので、この時間がベスト。日が沈むまでいてください。ビーチの海水浴客はほぼ欧米人。パラソルが並び、その下で日光浴をしている観光客が多くいます。またココナッツジュースやカニやエビなどを天秤にのせて売り歩くおばちゃんや、マッサージのデリバリーサービスなどもあります。ツアーデスクで申し込んでおけば、ダイビング、シュノーケル、パラセーリング、ジェットスキーといったマリンスポーツも体験することができます。
まさに南国!

まさに南国!

白い砂浜は7kmにわたってつづく

白い砂浜は7kmにわたってつづく

1日レンタルできる

1日レンタルできる

思い切って泳ぐのもいい

思い切って泳ぐのもいい

ビーチでの過ごし方はそれぞれ

ビーチでの過ごし方はそれぞれ

日が沈むと風が出てくるので退散しよう

日が沈むと風が出てくるので退散しよう

ホテルで休憩

ビーチを楽しんだあとは、ひとまずホテルへ戻ってシャワーするのがいいでしょう。泥温泉の泥も付着していますし、潮風にさらされて髪や体もべたついているかと思います。また、1時間、2時間仮眠をとるのもおすすめです。

18:30~20:00:ナイトマーケット


ホテルで休んで体力を回復させたあとは、再びニャチャンの町に繰り出しましょう。ホテルから出ると、すでに夜の帳が下りています。チャンフー通りを歩いていると、ナイトマーケットが見えてきますので、そちらを楽しんでください。場所は市民センターの隣。ひときわにぎわっているので、すぐに分かるかと思います。このナイトマーケットでは小物雑貨、アクセサリー、洋服、服飾、水着を扱う店が軒を連ね、さらに食堂スペースもあります。ここでベトナム料理を食べるのもいいですし、料理はきちんとしたところでとるのもいいでしょう。
ナイトマーケットの舞台となる通り

ナイトマーケットの舞台となる通り

食事は一般のローカル飯が並ぶ

食事は一般のローカル飯が並ぶ

雑貨土産はここで買おう

雑貨土産はここで買おう

値段交渉もしてください

値段交渉もしてください

20:00~21:30:ディナー


ナイトマーケットで食事をするのもいいですが、「ディナーだからお洒落レストランで食べたい」という方は、フンヴオン(Hung Vuong)通りを歩いてみましょう。ベトナム料理、ロシア料理、ウクライナ料理など多国籍に富むレストランがあります。もちろんシーフードレストランも並んでいますので、そのときの気分で気に入った店に入りましょう。
ベトナムの伝統建築を模したレストランもあります

ベトナムの伝統建築を模したレストランもあります

比較的ラフな店が多いのは、やはりビーチリゾートだから

比較的ラフな店が多いのは、やはりビーチリゾートだから

こちらはギリシャ料理

こちらはギリシャ料理

初めて見る料理もどんどん食べてみてください

初めて見る料理もどんどん食べてみてください

宇宙を模した内装「コスモス」

宇宙を模した内装「コスモス」

ロシアとウクライナ料理を食べることができます

ロシアとウクライナ料理を食べることができます

21:45~:シーサイドバー

1日の締めくくりはシーサイドバーでリゾートならではの時間を満喫しましょう。チャンフー通りにあるセイリングクラブとルイジアナは双方とも人気の砂浜でお酒を飲めるレストランバー。その他屋内席、カップル席、プールサイドなども用意しているので、来る人との関係に合わせて席を選ぶことができます。いずれもロマンチックな雰囲気で、ニャチャン旅行の最後を彩るには最高のシチュエーションが用意されています。
ルイジアナのプールサイドバー

ルイジアナのプールサイドバー

セイリングクラブ。カップルでどうぞ

セイリングクラブ。カップルでどうぞ

生演奏もあります

生演奏もあります

砂浜で最後の夜を

砂浜で最後の夜を


いかがでしたか。
ニャチャンの1日おすすめプランをご紹介しましたが、もちろん他にもニャチャンに来たら足を運びたい名所はあります。ただし、もし1日しか時間に余裕がない、ということであれば、今回紹介したスポットをピックアップしてみてはいかがでしょうか。
以上、ベトナムナビがお届けしました。
関連タグ:ニャチャン

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2016-07-14

ページTOPへ▲

その他の記事を見る