ホーチミンから高速船で観光地のカンザーやブンタウ間の就航を開始

旅行者にとっては新たな観光移動手段として活躍

ホーチミン4区のバクダン埠頭から現在就航しているブンタウ間の高速船。この度、新たにカンザーも通る船が新たに就航をはじめました。終点はブンタウで、途中タイアン船着き場とカンザー船着き場を通り、目的地であるブンタウへ行きます。カンザーとブンタウは共に「ホーチミンから最も近いビーチエリア」と呼ばれていて、カンザーはマングローブ林を見るエコツアーが旅行者に人気。ブンタウはベトナムの熱海と称され、リゾート感はあまりないものの、週末に行きたい現地人向けのビーチエリアとして注目されています。4区バクダン埠頭までは市民劇場からタクシーで5区。ホーチミン博物館の隣にあります。




関連タグ:カンザーブンタウ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2018-01-31

ページTOPへ▲

その他の記事を見る