日本語ガイドと行く!ベトナムの熱海「ブンタウ」でプチリゾート体験&観光(ランチ付)

Vung Tau Day Trip●ブンタウ日帰りツアー[SGN109/SGN039]

閉店・移転、情報の修正などの報告

ホーチミンから車で2時間半程の場所にある港町。船が行き交う海辺で、のんびり散歩はいかがでしょう。綺麗な景色が望める観光スポットや、おいしいシーフードが楽しめます。日常の喧騒から逃れたいとき、足を運んでみませんか。


こんにちは、ベトナムナビです。
ホーチミンから約100キロ程度南東に進んだところにあるビーチスポット「ブンタウ」。ベトナムの熱海と呼ばれていて、ベトナム人、及び在住者の間では、プチリゾート気分が味わえるエリアとして人気があります。まだまだ旅行客には知名度が低いため、外国人に汚染されていないローカルな雰囲気も味わえます。今回は日帰りで楽しめるブンタウツアーに参加したいと思います。

本日の日程

7:00 デタム通り、ツアーデスクにて集合後、専用車にて出発
9:00 ブンタウ到着
●バックビーチにて海水浴や散策をお楽しみください。
11:00 昼食 
レストランにてシーフードをご堪能ください。
12:00
●タンタム廟 見学
●キリスト像 見学

※像内部まで見学される方は、タンクトップやスカートだと入れない可能性があります。
14:00 ブンタウ出発
16:00 ホーチミン到着
ホテル又はデタム通りで解散

集合~出発


バックパッカーが行き交うデタム通りが集合場所です。周辺には多国籍のレストランやツアーデスク、ミニホテル、雑貨ショップなどが並んでいます。この周辺をまだ歩いていない人は、是非時間を見つけて散策してみてください。
ブンタウ行きは、基本専用車となりますが、グループや団体など人数が多くなった場合はマイクロバスとなり、外国人と混載になる可能性もあります(確率は非常に低いです)。

ブンタウまでは、トンドゥックタン通りからフェリーが出ていて、従来まではそれで行くのが最短でした(およそ90分程度)しかし、フェリーの炎上事件があってから、フェリー会社全社が無期限の運休となりました。ただし、いままで陸路では2時間半~3時間程度要していましたが、近年高速道路が完成したので、現在では90分程度と短縮されました。
都会の町並みとはしばらくサヨナラです

都会の町並みとはしばらくサヨナラです

田舎の風景へと移り変わります

田舎の風景へと移り変わります

車窓を流れる景色も見所です

車窓を流れる景色も見所です

ブンタウまでは90分~120分程度

ブンタウまでは90分~120分程度

ビーチリゾート・ブンタウへ到着

●バックビーチ

ブンタウに着いたら、まずはバックビーチへ向かいます。バックビーチでは連日現地人をはじめとして、多くのベトナム人で込み合っています。ここでの自由時間は約2時間なので、海水浴や日光浴をしてもいいですし、海沿いに並ぶ屋台でシーフードを食べたり、お土産を買ったりして過ごしてください。
なお、海水浴をしたい方は、近くに水着ショップがありますので、そこで調達するのも。また、パラソル、チェア、浮き輪などは有料です。
※日光浴をされる方は、紫外線が非常に強いので日焼け止めはお忘れなく
バックビーチ沿いの遊歩道を歩くだけでも楽しめます

バックビーチ沿いの遊歩道を歩くだけでも楽しめます

美味しそうな魚介類

美味しそうな魚介類

足元を見られないように、一応値段交渉は試みてください

足元を見られないように、一応値段交渉は試みてください

海はそこまで綺麗ではありませんが、日光浴をしている欧米人の姿もちらほら

海はそこまで綺麗ではありませんが、日光浴をしている欧米人の姿もちらほら

ベトナム人はなぜか衣服を着たまま海で泳ぎます

ベトナム人はなぜか衣服を着たまま海で泳ぎます

浮き輪をはじめ、ジェットスキーなども楽しめます

浮き輪をはじめ、ジェットスキーなども楽しめます

躊躇区


バックビーチで憩いの時間を過ごしたあとは、昼食をとりにレストランへ向かいます。レストランではシーフード料理を食べることができます。新鮮な魚介を思う存分楽しんでいってください。
※レストランの場所は変更となることがありますが、シーフード料理のコースは変わりません。
シーフードと言えば??
※イメージ写真です

シーフードと言えば?? ※イメージ写真です

ベトナムでは貝類が豊富で美味しいです
※イメージ写真です

ベトナムでは貝類が豊富で美味しいです ※イメージ写真です

クジラを祀る神社

●タンタム廟

昼食をとったあとは、「タンタム廟」と呼ばれるお寺へ。こちらには、昔打ち上げられたクジラが祀られていて、「南海将軍」と呼ばれています。クジラはもともと漁師の海難事故から守ってくれると言われているご利益ある生き物で、ベトナムでも神聖な動物として祀られていることが多いです。
敷地は広め。現在も現地の人々に崇められています

敷地は広め。現在も現地の人々に崇められています

廟には海賊を退治した指揮官も祀られています

廟には海賊を退治した指揮官も祀られています

狛犬?廟を守っています

狛犬?廟を守っています

壁画もたくさん。海とブンタウは昔から密接な関係にあったんですね

壁画もたくさん。海とブンタウは昔から密接な関係にあったんですね

廟内部

廟内部

クジラの模型。奥には実際の骨もあります

クジラの模型。奥には実際の骨もあります

そびえ立つキリストの像へ

●キリスト像

最後はキリスト像です。ブンタウの象徴とも言えるこちらは、遠くからでもうかがうことができます。こちらは階段を15分~20分程度上がることになるので、ちょっと体力が必要です。歩きやすい運動靴で行くことをおすすめします。道中は休憩所やお土産処の他、猿やキリストの像などが随所にありますので、退屈はしません。また、振り返ればブンタウの町と海を一望できるので、気分も爽快!
日差しが照っている日は、かなり体力が必要。水分補給をお忘れなく

日差しが照っている日は、かなり体力が必要。水分補給をお忘れなく

イエスと教え子

イエスと教え子

お土産処。飲料水なども手に入ります

お土産処。飲料水なども手に入ります

休憩所が随所にあります。海が近いため、風が強くて涼しいです♪

休憩所が随所にあります。海が近いため、風が強くて涼しいです♪

像にも注目してください

像にも注目してください

やってきました!ついに到着です

やってきました!ついに到着です


実はこちら、像の裏手に回ると、中へ入る入口があるのです。像の螺旋階段を上がっていけば、イエスの横顔を見られると同時に、さらに絶景に巡り合えます。
ただし、こちらはタンクトップやスカートは禁止されていて、長袖、もしくは半袖が必須。また、半ズボン程度であればOKですが、スカートは断られる場合もあります。外国人だから見逃してくれるときもありますが、キリストの像に入りたい方は、念のため当日の衣服には気を付けましょう。
像内部1階はパネルも展示されています

像内部1階はパネルも展示されています

螺旋階段を上がった先。キリスト像の腕部分。先に見えるのは手ですね

螺旋階段を上がった先。キリスト像の腕部分。先に見えるのは手ですね

キリストの横顔

キリストの横顔

絶景です

絶景です



キリスト像の見学が終わったら、専用車に乗って、帰路ホーチミンへ。いかがでしたか。今回はブンタウの見所を抑えた日帰りツアーでしたが、他にも観光名所がありますし、夜はナイトマーケットも楽しめます。気にいったら一泊してみるのもいいですね。
以上、ベトナムナビがお届けしました。
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2014-02-10

ページTOPへ▲

送迎場所

集合場所:市内主要ホテル

市内ご宿泊ホテルまでお迎えにあがります。
※その他遠隔のホテルはTNKトラベル デタム店に集合となりますので、予めご了承下さい。予約手続きの際にご連絡させていただきます。
※3区内及び5区内ホテルは車1台あたり片道$5・往復$10、空港付近ホテルは車1台あたり片道$8・往復$16の追加ご料金が発生致します。当日ガイドにお支払下さい。

解散場所:TNKトラベル デタム店

TNKトラベル デタム店にて解散

ツアースケジュール

日程 内容
7:00 ホテル、またはTNKトラベル前より出発
午前 約2時間半でブンタウ到着後、自由行動
バックビーチで海水浴や、日光浴などお楽しみ下さい。
昼食 レストランにてシーフードの昼食
午後 自由行動
地元民が今なお崇めているタンタム廟、丘の上に立つキリスト像などご見学下さい。
14:00 ブンタウ出発
16:00頃 ホーチミン到着
ホテル又はTNKトラベルオフィス前で解散

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2014-02-10

利用日
大人 子供

関連記事

ブンタウ

ブンタウ

ホーチミンから車で90分。日帰りで行ける穴場ビーチリゾート。市内観光に疲れた方は、ビーチでのんびりと過ごしてみては。